ミュルザンヌ 6.75 エディションで有終の美ミュルザンヌ 6.75 エディションで有終の美

ミュルザンヌ 6.75 エディションで有終の美

  • ■Mulsanne 6.75 Edition by Mullinerを30台限定生産
  • ■現在生産されているV8の中で最長寿となる伝統の6¾リッターエンジンにちなんで命名
  • ■英国が誇るカーエンジニアリングとクラフトマンシップの結晶であるMulsanneの最後を飾る限定モデルをMullinerが製作
  • ■Mulsanneの後を継ぎ、Bentleyの旗艦モデルとなるのはFlying Spur
  • ■Mulsanneは2020年春生産終了、Mulsanneのスタッフは全員配置転
  • ■Bentleyは2023年までに全モデルにハイブリッドを導入予定

(2020年1月14日、クルー) Bentleyは本日、ラグジュアリーリムジンとして別格の存在感を放つ旗艦モデルMulsanneの生産終了にあたり、限定モデルを発売すると発表しました。

この限定モデルは Mulsanne 6.75 Edition by Mullinerと命名され、英国が誇るカーエンジニアリングとクラフトマンシップの結晶であるMulsanneの花道を飾るにふさわしい豪奢な仕様で、30台のみ限定生産されます。名称の由来であり、この限定モデル誕生のきっかけともなった6¾リッターエンジンは、今年で記念すべき60周年を迎えました。

30台の6.75 Editionを最後にMulsanneは生産終了となり、今後はBentleyの新たな旗艦モデルとして、新型Flying Spurがラグジュアリーカーラインアップの頂点に立ちます。Flying Spurには2023年までにハイブリッドシステムの導入が予定されています。こうした動きはBentleyが目指す未来の姿、サステナブルなラグジュアリーカーへの移行を象徴しています。世界トップの人気を誇る超高級車ブランドであるBentleyは、Bentayga Hybridの発売によって電動化への歩みを着実に進めています。Bentayga HybridはラグジュアリーSUV初のハイブリッドモデルであり、Bentley史上最高の効率性を誇ります。

Bentley Motorsのセールス・マーケティング・アフターセールス担当のクリス・クラフト取締役は次のように述べています。

「Mulsanneは、ラグジュアリーリムジンのセグメントでBentleyが世界トップの座を堅持するためになくてはならないモデルでした。我が社のフラッグシップモデルとして長きにわたって愛され、世界一のクルマをハンドビルドすることにこだわり続ける私どもの想いを具現化した存在です。新たに製作されるMulsanne 6.75 EditionにはMulsanneの魅力が凝縮されています」

「Mulsanneは2020年春に生産終了となりますが、他の既存ラインアップに対する需要が非常に高いことから、Mulsanneの生産に携わる全スタッフは配置転換する予定です」

Mulsanne 6.75 Edition by MullinerはBentleyの輝かしい歴史の中でもひときわ特別なモデルです。ベースとするのは537ps、1100Nmを発揮するMulsanne Speed、史上最高の超高級セダンを謳うドライバーズカーです。Mulsanne 6.75 Editionに採用されるさりげない演出の一部は次のとおりです。

  • ■インテリアのエアベント操作ノブを「オルガンストップ」仕様ではなく、エンジンオイルキャップをミニチュア化したデザインに変更。
  • ■6.75 Editionのモチーフを各シートに刺繍。エクステリアとエンジンルームには同モチーフをデザインしたクロームバッジを設定。同モチーフをLEDウェルカムライトで投影。
  • ■時計とマイナーゲージの表示面にはエンジン断面図を模したデザインを採用。

エクステリアにはグロスブラックのブライトウェアを配置し、お客様が選択したエクステリアカラーにアクセントを添えます。ただし、ヘッドライトとテールライトはブライトクロームで縁取ります。ボンネットのFlying Bマスコット、Mulliner Serenityラジエターグリル、エキゾーストフィニッシャーはすべてダークティント仕上げとし、フロントフェイスをきりりと引き締めます。 Mulsanne Speed専用21インチ5本スポークホイールはブライトマシニング仕上げ、ポケット部分はグロスブラックです。

ボンネット下については、インテークマニホールドを従来のシルバーからブラックに変更します。エンジンナンバープレートは、エンジンを組み立てた職人の署名を入れるのが常ですが、この限定モデルではBentleyのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOの署名が入ります。

キャビンにもこだわりの装備が随所に見られます。レザーハイドはシングルトーンでImperial Blue、Beluga、Fireglow、Newmarket Tanの4種類をそろえ、専用のカラースプリットを採用。シルバーのシートパイピング、センターコンソール周囲のレザーハイド、ディープパイルオーバーマットのバインディング、シートとドアインサートの多孔レザーからのぞくアクセントカラーなどがインテリアに趣をプラスします。センターコンソールとリアキャビンコンソールのウッドパネルにはシルバーのペイントを施し、フロントコンソールには金属製の記念プレートをはめ込みます。フェイシアとウェストレールは高光沢のGrand Black仕上げとし、ウェストレールには「ダークエンジンスピン」模様をあしらったアルミニウム製インサートを装着します。

1980年に登場したMulsanneは、Bentleyを代表する4ドアサルーンとしてラグジュアリーセグメントのベンチマークを確立しました。Mulsanneに搭載される6¾リッターエンジンのデザイン、エンジニアリング、ハンドビルドはすべて英国クルー工場で行われており、現在生産されているV8エンジンの中で最も長い歴史を誇ります。この強力なエンジンは、1959年にBentley S2モデルに初搭載されて以来、数十年にわたって幾度となく改良が施されてきましたが、V8の象徴である基本的な構造とサイズは60年経った今も当時のままです。